よつばのクローバー

君はよつばのクローバー
黒い髪が風に揺れる
人混みのバスターミナル
つばめ低く飛ぶ五月に

初めて知ったんだ
にじむ広告塔の字が
(恋に落ちたら・・・)
(恋に落ちたら・・・)
そうつぶやいた

緑のじゅうたんに
あお向けに寝ころんで
真っ青な空を見る
あの高い空を見る
緑の草いきれ
胸いっぱい吸い込んで
まっすぐに君を見る
まっすぐに君を見る

君はよつばのクローバー
右肩だけ雨に濡れる
傘揺れてバスターミナル
近づいてく君の笑顔

初めて知ったんだ
誰かの携帯電話から
(恋する二人は・・・)
(恋する二人は・・・)
そう声がした

君はよつばのクローバー
白い花が風に散って
人混みのバスターミナル
君とよく似た人を見た時

初めて知ったんだ
僕は大切な何かを
(失くしてしまった・・・)
(失くしてしまった・・・)
もう永遠に

−『RUBBER SOLE/RUBBER SOLE』より−
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。